FC2ブログ

terasawayoshiki

i screeeeem

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

0306

デザイン学 (思索のコンステレーション)デザイン学 (思索のコンステレーション)
(2009/09/18)
向井周太郎

商品詳細を見る


この退屈な長い長い春休み。

何か成し遂げるといいますか、ここは一つ分厚い本でも
読み切ってみようと、自分に試練(本を読むことは、特別
嫌いではないし、むしろ好きな部類の人間であるため、試
練と言えるのであろうか・・・)を課してみました。


厚さ3、4cm。ページ数にして461という、一冊にかなり
の情報を盛り込んだものであり、とても苦戦しましたが・・・



ついに読み終わりました!

(1ヶ月ぐらいかかったのかな。)


読み終わったのはいいのですが、あまり覚えてないという
のが実状で、明らかに普段から身を入れて本を読んでいな
いということが露呈し、自分を恥じる結果となってしまい
ましたが、


感じたこともありました。


芸術や政治、経済、文学、哲学にしても、それ自身が独立
して考えることは不可能でありすべての事柄が結びつきな
しでは語れません。私たちが暮らしている世界はそのよう
な秩序の溢れた、混沌としたネットワーク上にあり、そん
な複雑な環境の中で物事の関係性を整理することもこれか
らのデザインの役割の一つなのかなと感じました。


それに、もう一度読むべき本であることにも気がつけた。

このまま理解せずに、置いておいたらただの価値の無い4
61枚の紙になってしまうかもしれない。
もしもまた読み終えて、向井さんの仰っていることが少し
でも理解できたり、訴えかける何かを感じられれば、とて
もいい収穫であり、本当の意味でこの本自体にも価値が生
まれるのではないだろうか。それは、私にしか見えない私
と本の間にある「つながり」なのだ。

だから、今回の読破により、かすかではあるけどその「つ
ながり」が見えた気がする。


と、まぁ少しかっこつけましたが、ブログ更新で粋がって
みたり、読書で勤勉家アピールは自分なりに時間がつぶせ
るので、良しとします。


予定では3月いっぱいまでにはと思っていましたが、意外
に早く読み終わってしまい、残りの休みは何しようかと、
焦っています。
もう一冊平行して読んでいる、これ又分厚い「社会の未来」
というルドルフ・シュタイナーの本も読み終わりそうです。



kogoto tawagoto
スポンサーサイト
  1. 2010/03/06(土) 09:35:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<0310 | ホーム | 0216>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yoshiki0309.blog12.fc2.com/tb.php/7-2a8c387f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。